中央店 健康情報

熱中症対策について2020/06/02

 

これからの季節に注意が必要なのが熱中症です。熱中症とは、体温が上がり体内の水分や電解質のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かなくなったりして、体温の上昇やめまい、痙攣、頭痛などの様々な症状を引き起こした状態のことです。

熱中症は、例年、梅雨入り前の5月頃から発生し、梅雨明けの7月下旬から8月上旬に多発する傾向があります。特に今年は、新型コロナウイルス感染防止のためにマスクの着用が求められており、例年以上に注意が必要です。今のうちに正しい対策方法を確認しておきましょう。


  • こまめな水分補給をする

喉が渇いていなくても、こまめに水分を摂るようにしましょう。喉の渇きを感じた段階で既に脱水が始まっています。喉が渇く前に飲むことを意識しましょう。特に高齢者の場合、喉の渇きを感じにくくなっていることがあるため注意が必要です。また、利尿薬や糖尿病薬(SGLT2阻害薬)、便秘薬などの薬を服用している方は脱水症状を起こしやすいので、水分補給をより心がけるようにしましょう。水分補給には、スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料がおすすめです。このような飲料は、水よりも水分の吸収がスムーズで、汗で失われた塩分の補給をすることもできます。

 

  • 塩分補給をする

汗を大量にかくと、体内の水分とともに塩分も奪われてしまいます。過度な塩分補給は必要ありませんが、汗をかいた際には、塩分も補給するようにしましょう。

 

  • 体調管理に努める

寝不足や風邪などの体調不良は熱中症の原因になります。バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

 

  • 室内を涼しくする

熱中症を防ぐためには、部屋の温度や湿度を気にして、気温や湿度が高くなることを防ぐ必要があります。エアコンや扇風機を使用して適度に温度を下げましょう。この程度の暑さなら大丈夫と我慢するのは止めましょう。

 

  • 衣服を工夫する

通気性や速乾性の優れた生地を選び、涼しい服装を心がけることが大切です。外出時には帽子や日傘などを用いて直射日光を避けるようにしましょう。


もし、熱中症かもしれないと思うような症状があった場合は、すぐに応急処置(涼しい場所への移動、塩分や水分の補給、体を冷やし体温を下げるなど)を行い、医療機関へ相談するようにしましょう。