中央店 健康情報

運動が体に与える効果について2020/01/06

 

明けましておめでとうございます。
みなさんはどんな年末年始を過ごされましたか。家でゆっくりと過ごされた方も多いのではないでしょうか。1月は寒さも相まって運動不足に陥りがちです。運動をした方が良いということはなんとなく分かっていると思いますが、なぜ運動をしなくてはいけないのでしょうか。
今回は運動が体に与える効果にいての話をしたいと思います。

運動が体に与える効果は、大きく分けて二つあります。一つは身体的な効果、もう一つは精神的な効果です。


まずは、身体的効果についてです。こちらは想像しやすいのではないのでしょうか。
●身体的効果
・健康的な体形の維持
・筋力増強による腰や膝の痛みの軽減
・体力や筋力の増強による転倒リスクの低減
・骨粗鬆症による骨折リスクの低減
・心肺機能の向上により疲れにくくなる
・生活機能低下の予防
・血行促進による肩こり、冷え性などの改善
・高血圧や糖尿病、脂質異常症の予防と改善
・動脈硬化性の病気(心筋梗塞、脳梗塞など)の予防
・免疫機能の向上による感染症の予防
・がん発生リスクの低減


続いて、精神的効果についてです。こちらは想像し難いかもしれません。例えば、ランニング後などに爽快感や達成感を感じた経験はないでしょうか。このように運動は精神的にも様々な良い効果があります。
●精神的な効果
・気分転換やストレス解消、うつ病の予防・改善
・脳の血流促進による脳の活性化
・認知症の予防や改善
・睡眠障害の改善


運動は体に様々な良い影響を与え、健康寿命を延ばす効果も期待できます。まずは、近くには歩いて行くようにする、なるべく階段を使うようにするなどから意識してみてはどうでしょうか。怪我には十分注意して、無理をせずに運動するようにしましょう。