中央店 健康情報

豆のお話し2018/01/30

 

 

2月3日は節分の日!
節分には様々な風習がありますね。
そのひとつとして、年の数だけ豆を食べて無病息災を願うという風習があります。
今月はその『豆』についてお話したいと思います。
『豆』にはどんな栄養があるのでしょうか?

 

 

◎タンパク質
大豆には「畑の肉」と呼ばれるほど、豊富にタンパク質が含まれています。
その量は100gあたり35.3gといわれ、肉にも匹敵するほどです。
良質なタンパク質が手軽にとれるのは嬉しいですね。

 

◎イソフラボン
美容に敏感な女性なら気になる存在、大豆イソフラボン。
女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをするので、「更年期障害を予防・改善する」「コレステロールの増加をおさえ動脈硬化を防ぐ」「活性酸素の働きをおさえる」などの効果があります。

 

◎レシチン
「細胞の老化防止」「血行の改善」「コレステロール値・中性脂肪値の低下」などの効果があります。
また、神経の伝達を活性化させる効果があるため、認知症や自律神経失調症への効果も期待されています。

 

◎サポニン
抗酸化作用に非常に優れており、体内の脂肪の酸化を防ぎます。
脂肪吸収を抑制する効果もあるので、女性には嬉しいダイエット効果も期待できるかも!?

 

◎食物繊維
豆は食品の中で最も豊富に食物繊維を含んでいるといわれています。
腸の働きを活発にし、老廃物を排出します。

 

このように『豆』には小さな一粒に様々な栄養素が詰まっていて、とても栄養価が高い食品なのです。
節分以外でも上手に『豆』の栄養を摂って、健康に過ごせる年にしましょう。