のぞみ薬局 健康情報

夏の安眠テクニック2017/06/21

ぐっすり眠れる夏の安眠テクニック☆彡

蒸し暑く、寝苦しい季節になりました。

「暑くて眠れない。」「眠りが浅く熟眠できない。」最近よく窓口でこんな声が聞かれます。

しっかり眠れないと健康にさまざまな悪影響を及ぼします。

そこで、簡単にできる安眠テクニックを紹介します。


☆部屋の温度を一定に☆

暑いのに我慢してエアコンをつけなかったり、また冷やしすぎるのも安眠を妨げます。

エアコンの温度を28℃に設定して、同時に扇風機の風を壁にあてて気流をおこすと

快適な室温が保てます。


☆水分補給を☆

寝ている間には、コップ1杯程度の水分が失われます。血液がドロドロになりやすくなります。

睡眠中には水分補給ができないので、寝る前や、起床時に200cc程度の水分を摂りましょう。


☆寝る2時間前に、ぬるめのお風呂に入る☆

安眠のためには、暑いからとシャワーですまさず、湯船につかることが大切です。

38℃位のぬるめのお湯に就寝2時間位前に入ると寝付きやすくなります。

ただし、寝る直前や熱いお湯は避けましょう。


寝不足や疲労の蓄積は、血圧の上昇や動脈硬化を進行させるといわれています。

脳梗塞などを防ぐためにも、十分な質の良い睡眠をとりましょう。