東店 健康情報

熱中症について2017/06/19

暑い夏を乗り切るために

梅雨入りし、暑くなってきました。

皆さん、熱中症対策をしていますか?

そもそも熱中症とは、運動や暑熱から起こる体の障害の総称です。

熱射病や日射病と呼ばれているものは重症の熱中症のことで、症状は

頭痛や疲労感を主とすることから俗に「暑気あたり」といわれる状態、

筋肉がこむら返りをおこす熱けいれん、

脱水が主体で頭痛や吐き気をもよおす熱疲労、

体温が40℃を超え意識がなくなる最重症の熱射病までさまざまです。


対策として気温と湿度に注意することが大切です。

真夏でなくても室内でも熱中症になります。エアコンなどの活用を!

そしてなにより水分をこまめに補給しましょう。

しかし水分だけではダメで塩分も必要です。

摂りすぎはよくありませんが、適度に必要です。

スポーツなど大量の汗をかくときはOS-1(大塚製薬)が最適ですが、個性的な味なので

嫌がる人もいます。そんな方にはやはりポカリスエット(大塚製薬)などの

スポーツドリンクがおすすめです。飲みやすくできています。

年配の方を中心に少し甘いのが欠点?かもしれませんが、

そういう時は薄めて飲んでください。


バランスのよい食事と十分な睡眠でこれからの暑い夏を乗り切りましょう。